隠岐島前教育魅力化プロジェクト ホーム

魅力化プロジェクトを知る

掲載メディア

さらに読み込む

» 記事は以上です。

受賞歴

さらに読み込む

» 記事は以上です。

書籍

  • 保護中: 隠岐島前教育魅力化通信『しましま』創刊号_2018.10月

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 書籍 隠岐島前高等学校新魅力化構想

    隠岐島前高等学校新魅力化構想(平成26年~平成30年)

    平成20年度に策定された「隠岐島前高等学校魅力化構想」により島前高校では一定の成果をあげることができました。しかしそのままでは一過性のもので終わってしまう!という危機感から、1年をかけてこの「隠岐島前高等学校新魅力化構想」を策定しました。この新魅力化構想は、島前高校の魅力化に留まらず島前地域の魅力化と永遠の発展までを見据えていることが大きな特徴です。
    本構想の前半では、高校や地域を取り巻く背景や今までの取り組みの軌跡を明らかにし、後半ではこれから向かうべき大きな方向性と、具体的に協議・推進していく主な内容を記してあります。ぜひご一読ください。

    著者  :隠岐島前高等学校の魅力化と永遠の発展の会
    発行者:隠岐島前高等学校の魅力化と永遠の発展の会
    刊行日:2014/2/18

  • 書籍 未来を変えた島の学校

    未来を変えた島の学校

    過疎で廃校寸前の高校が、なぜ全国・海外からも志願者が集まる学校へ生まれ変わることができたのか。「ヒトツナギ」「地域学」「公立塾」「夢ゼミ」「島留学」といった独自の取り組みの原動力は何か。海士町、西ノ島町、知夫村、三つの島の協働が日本の未来を牽引する。教員、行政、地域住民、ヨソモノ等による人づくりの物語。

    著者  :山内道雄 、岩本 悠、 田中輝美
    出版社:岩波書店
    定価 :1,500円 + 税
    刊行日:2015/03/24

  • ライブラリ(10分の12)

    12/10

    「ダース 2017」に引き続き、隠岐國学習センターの夢ゼミの授業の一環で島前高校1年生が作った雑誌です。「島前に住むおもしろい人」をテーマに、約40名の生徒が12の分野に分かれ、取材し、記事を書き、デザインをして生徒たちで作り上げました。「十分過ぎる、充分すぎる雑誌」。
    10ではなく、10以上。100%ではなく、100%以上。
    そんな意味を込めた「十二分な雑誌」
    ぜひ手にとって読んでいただきたいです!
    ※隠岐國学習センターを始めとして、島前地域内に主要各所にご用意しています。

    記者・撮影・デザイン・編集  :隠岐國学習センター 夢ゼミ参加者(平成27年度 島前高校1年生)
    発行元:隠岐國学習センター
    発行日:2018/4/1

  • ライブラリ(ダース)

    ダース 2017 特集「島前12のモノがたり」

    「ダース」は島前に暮らす高校生が見つけた12のストーリーをお届けする雑誌です。隠岐國学習センターの夢ゼミで1年生が作成しました。「島前のおもしろいかたち」をテーマに、「人に伝わるよう表現する」ことをねらいとして、約40名が12のグループに分かれて、生徒自ら企画を考え、取材をし、文章やイラストをかき、写真を撮りました。
    「穴」「定食」「牛」「貝」「雲」・・・。
    高校1年生の目線で生徒が作り上げたぜひ読んでいただきたい一冊です!
    ※現在サイトから購入はできません。隠岐國学習センターでお求めできます。

    記者  :隠岐國学習センター 通塾生徒(平成26年度 島前高校1年生)
    発行元:一般財団法人島前ふるさと魅力化財団
    発行日:2017/4/1
    定価 :1,000円

  • スギナの島留学日記

    スギナの島留学日記

    島根県沖60kmにある隠岐諸島に、いま熱い視線が注がれている。一次産業による島起こし、Iターンした若者の活動、島外から留学生を迎えての活発な高校教育。本土から海士町にある県立隠岐島前高校に留学したスギナが、2年半にわたって体験してきたことは?曇りのない目で、島の人々や自然、充実した教育をレポートする。

    著者 : 渡邊杉菜
    出版社: 岩波書店
    定価 : 800円 + 税
    刊行日: 2014/12/19

〒684-0404 島根県隠岐郡海士町福井1339 一般財団法人島前ふるさと魅力化財団 TEL 08514-2-0310 FAX 08514-2-0133

お問い合わせ