このページの位置
ホーム > 隠岐國学習センターとは

隠岐國学習センター

隠岐國学習センターとは

隠岐國学習センターは地域の公営塾として2010年6月に設立されました。
離島・過疎地域が抱える都市部との教育格差を解消し、地域の子どもたちの自己実現を地域総がかりで支援する新しいモデル作りを目指します。
生徒にとって最適な進路実現の支援を目標とし、基礎学力に加えて社会人基礎力の醸成を図ります。

設立の背景

進学塾や予備校、家庭教師といったものが乏しい離島においては、「島で子どもを育てると、(学力が伸びず)大学進学に不利」という‘常識’が根深くあります。
都会と僻地の教育格差は拡がる一方であると一般的に言われております。離島地域の教育における課題を克服し、「高校卒業までは島の子どもは島で育てる」という信念を実現するために、地域の手で設立されました。

隠岐國学習センターの特徴

●一人ひとりにあった学習支援

子どもたちが主体的に学習に取り組むことを重視し、自立学習(※)を軸に生徒一人ひとりに合った学習指導を提供しております。

※生徒各自がカリキュラム(個別学習計画)に基づいて学習に取り組むことで、生徒に主体性を持たせ、自ら学ぶ力をつけさせる学習スタイル。

学習センターの担当領域 1.個人の志望や学力にあわせた受験対策→個別教材のアレンジ 2.予習(宿題)→共通教材 授業+補習 復習(宿題)→共通教材 3.基礎学力の定着→個別教材を用いた振り返り学習

●県立高校との連携・支援

地域唯一の高校である隠岐島前高校との連携を重視した運営を行っています。定期的に打合せを実施し、高校での授業内容を踏まえて学習効率の向上を図っています。

●社会に出て必要な力と学習意欲の醸成

プロジェクトベースドラーニング型授業「夢ゼミ」を通じて生徒の将来の夢やキャリアデザインを明確化する過程で、社会に出て求められる力と学習意欲の醸成を図っています。

身につけてほしい力(社会人として自立していきるための基礎学力・社会人基礎力の醸成) 基礎学力・社会人基礎力・学習意欲(学力向上に最も大切な学習意欲の向上)

通塾に関して

●学習形態

授業(個別指導)、夢ゼミをそれぞれ週1回実施
※夢ゼミは2年時より開始
※授業や夢ゼミがない日も自習可能

●月謝

入会料:無料
月々の授業料:高1~2生 10,000円, 高3生 12,000円
※平成27年度より月謝を上記の通り改定予定
※別途教材費実費(年間1~3万円)をご負担いただきます。

スタッフに関して

●隠岐國学習センター長プロフィール

豊田 庄吾
総合情報メディア企業にて人事、人材育成会社にて大手企業や省庁・行政職員向けの研修講師や、企業の教育CSRプログラム作成を務める。
また、経済産業省の起業家教育促進事業で、全国300校以上の公立学校にて起業家精神育成の授業実績あり。

※その他、大手予備校の小論文指導担当者や、大手通信教育会社の教材編集経験者が在籍。

→ 隠岐國学習センターのウェブサイトへ

お問い合わせ先

〒684-0403
島根県隠岐郡海士町大字海士1490
海士町役場 財政課内 高校魅力化プロジェクト 担当:豊田
電話:08514-2-0114 FAX:08514-2-0357

ページトップへ